« 第10回後半週の出来事や展望など | トップページ | 第12回 後半開催の展望など »

2014年8月30日 (土)

第12回 前半週の展望など

まず編成方法の話から。
今開催はB級とC級の一部で特別編成が施行されております。紙面にも説明を載せてありますが、直近の成績を重視して出走メンバーを決めるというもので、自然と能力拮抗の組み合わせに。

特に注目は不振馬が集まる下級戦で、レースでも直線で各馬が横一線という光景が例年見られます。予想には悩まされますが、個人的には好きな編成方法です。

8月31日
メインは加賀友禅賞。今季から新設された重賞で、3歳牝馬ナンバーワン決定戦という位置づけに。また重賞では唯一の1300m戦でもあります。中心はファーストキスになると思いますが、他にも好調馬が揃いました。色々な観点から注目の一戦です。
またこの日は金沢8~9レースの間にJRAのGⅢを2レース発売します。

9月2日
メインはA3。前回A4勝ちメジャーダンディーが中心になりそうですが、上位何頭かで人気は割れそう。個人的に狙っている穴馬もいるので、そちらにも頑張ってほしいです。
4レースに2歳新馬戦。今年から新馬戦を900m以外でも行うということで、1400mで行われます。各馬の適性がわからない段階でもあり、通常よりも予想の難度は高めだと思います。

« 第10回後半週の出来事や展望など | トップページ | 第12回 後半開催の展望など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407963/57228589

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回 前半週の展望など:

« 第10回後半週の出来事や展望など | トップページ | 第12回 後半開催の展望など »