« 第10回 前半週の展望など | トップページ | 第12回 前半週の展望など »

2014年8月11日 (月)

第10回後半週の出来事や展望など

まずは制裁の件。
8月11日の2レースで、青柳騎手が向正面で斜行。この件で2日間の騎乗停止(8月17日・19日)。
ちなみにこの手の制裁が適用されるのは金沢競馬内でのこと。遠征などでは騎乗できますので、水曜の盛岡クラスターカップは予定通り、ハイタッチ&青柳騎手のコンビでの出走となります。
また、この日は台風での順延の影響からか入場人員が1239人と、記憶にないぐらい低調な数字に。

8月12日
メインはA2。シンカンイチコが人気になりそうですが、展開を含めて不透明な部分が多く波乱ムード。思い切った穴狙いもありなのでは。
1レースの2歳戦に、中央からの転入馬が登場。以前は他地区からの転入馬は認定戦や2歳重賞に出れないといった制約があったのですが、何年か前からそこがオープンになって、制度的に強い馬が集まりやすくなりました。良い例が現オープン馬のマイネルリボーンですね。
2レースの2歳戦も注目です。7頭立てですが超がつく難解戦で、フタを開けてみないと…という感じです。個人的に推奨している馬がいますので、頑張ってもらいたいです。
12レースに中央オープンからの転入馬スズジュピターが登場。私、この仕事を10年ほどしていますが、GⅠで1番人気になったことがある馬が金沢に来たのは記憶にありません。

« 第10回 前半週の展望など | トップページ | 第12回 前半週の展望など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407963/57054797

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回後半週の出来事や展望など:

« 第10回 前半週の展望など | トップページ | 第12回 前半週の展望など »