« 第5回後半週の展望など | トップページ | 第7回 初日の展望など »

2014年6月 7日 (土)

第6回 前半週の展望など

 6月4日に大井競馬場で行われた東京ダービーで、吉原騎手がハッピースプリント号とのコンビで見事に優勝。今年で60回を数えた同レースですが、南関東以外の他地区の騎手の優勝は初めてとのこと。素晴らしい快挙ですね。
快挙と言えばもう一つ、6月6日に名古屋で行われた東海ダービーで青柳騎手&ケージーキンカメ号が優勝。初の金沢勢による勝利です。
「ここぞという時にソツなく捌けるのが良いジョッキー」
引退された元ジョッキーの方が以前こう言っていましたが、今回の2戦は正に好騎乗だったと思います。

6月8日
メインはA4。連勝中のトップオバマが中心になりそうですが、距離短縮で変わり身がありそうな馬や、意外性のある馬がいて一筋縄ではいかない様相です。
また、5レース終了後に青柳騎手の優勝報告インタビュー、6レース終了後に2歳馬の馬名発表式、7~8レースの間にJRA・安田記念の発売、8レース終了後に吉原騎手の優勝報告インタビューが行われます。

6月10日
メインはA3。前走A4勝ちラピッズトウショウと前走A3で3着エーシンブランが中心になりそうですが、距離や顔ぶれ的に一波乱ありそうな一戦。注目している穴馬もいるので、楽しみです。
また、準メインに中央未勝利交流戦。今回の交流戦はいつもに増して予想が難しかったです。予想のスタンスとしてまず中央勢の比較から入るのですが、これは間違いなく走るだろうという馬と、逆にこれはいらないだろうと思える馬がいませんでした。地元の3頭も粒ぞろいですし、全馬圏内の超難解戦です。

そうそう、マニアック?な方はお気づきかも知れませんが、C1級(いつもは後半週→今回は前半週)とC2級(いつもは前半週→今回は後半週)の日程が今開催は逆になってます。C2級の馬は一休みできる日程です(C1級の馬はハードワークになりますが…)。

« 第5回後半週の展望など | トップページ | 第7回 初日の展望など »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 前半週の展望など:

« 第5回後半週の展望など | トップページ | 第7回 初日の展望など »