« 第6回 前半週の展望など | トップページ | 第7回 前半週の展望など »

2014年6月14日 (土)

第7回 初日の展望など

まずはジョッキーの話題から。
平瀬騎手が6月8日の2レースで落馬・負傷。入院中の当人とは会っていませんが、厩舎で何人かに聞いたところ重傷ではないとのことです。復帰云々の話は今後書いていければと思います。
青柳騎手が2日間の騎乗停止。6月10日の7レースでドーントレス号に騎乗したところ、スタート直後に落馬。扶助操作に適切を欠いた(あぶみが外れた)のが要因で、その制裁。

金沢競馬のジョッキーは18人いますが、平瀬・青柳・川添騎手が乗れないため今開催は15人となります。加えて言うと、減量騎手は重賞に乗れない規定のため、百万石賞は中島騎手が乗れず14人態勢。

能検がありました。
今回、2歳馬は7頭合格しまして、前回と合わせて合格は11頭となります。次開催から2歳戦が始まりそうです。また、2歳重賞で活躍したフューチャースター(3歳牡)も登場。千四を1分31秒8で合格。

6月15日
メインは百万石賞。断然人気が予想されるナムラダイキチですが、これといった死角は見当たらず、2~3着争いが馬券的な焦点と思います。また、笠松から尾島・東川騎手が参戦。両名は他のレースでも騎乗します。

この日は金沢7レースと8レースの間にJRAのGⅢが二つ発売されます。

« 第6回 前半週の展望など | トップページ | 第7回 前半週の展望など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407963/56496946

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 初日の展望など:

« 第6回 前半週の展望など | トップページ | 第7回 前半週の展望など »