« 第7回 初日の展望など | トップページ | 第7回後半週の展望など »

2014年6月21日 (土)

第7回 前半週の展望など

6月22日
メインはA4。北日本新聞杯の覇者ディアブレイズンが登場。古馬との初対戦になります。

ちなみに過去に北日本新聞杯を勝った馬が初古馬戦でどうかというと、

昨年のフレアリングメテオはA4・2着。一昨年の勝ち馬アルドラもA4・2着。3年前のエムザックハーツはB2・1着。4年前のスマートパワーはA4・3着。後に北国王冠・中日杯を勝つノーブルシーズにしても、初っ端の古馬戦はA2・6着。
古馬相手にいきなり勝つのは難しいようです。ディアブレイズンはおそらく一番人気でしょうが、果たして…。

また、この日は金沢7レースと8レースの間にJRAのGⅢを2レース、9レースと10レースの間には水沢みちのく大賞典を発売します。

6月24日
※吉原騎手は大井遠征のためこの日は騎乗しません。
メインはA3ですが、注目は9レースの3歳未勝利交流戦。今季これまで交流戦は2度ありましたが、共に金沢ワンツーという快挙。ただ、今回のJRA勢は骨っぽい印象です。地元からも楽しみな馬が出ますし、熱戦に期待。

また、骨折で休養していた3歳フューチャースター(昨年の兼六園ジュニアカップの勝ち馬)が11レースに登場。楽しみです。

« 第7回 初日の展望など | トップページ | 第7回後半週の展望など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407963/56568189

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 前半週の展望など:

« 第7回 初日の展望など | トップページ | 第7回後半週の展望など »