« 2013年4月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

吉原騎手が中央で2勝

本日東京競馬場で吉原騎手が全レース(12鞍)に騎乗。

比較的人気の薄いラインナップでしたが、2勝を挙げて(4番人気・7番人気の馬)、メインレースではハナズゴール(こちらは2番人気)で2着。新馬戦でも7番人気の馬を3着に持ってくる活躍。

これだけの数の騎乗依頼があること自体が既に凄いのですが、キッチリと結果も出すのだから流石ですねぇ。

2013年6月 1日 (土)

米倉騎手が4日間の騎乗停止

まず、この前の火曜の10レースで落馬負傷した平瀬騎手ですが、幸いなことに大事には至らなかったとのことで(ヒジの外傷のようです)、通常通りに騎乗します。馬はケガをしたとのことですが…。

もう一つ、このレースの騎乗で米倉騎手がペナルティ(4日間の騎乗停止)を受けました。平瀬騎手が落馬する原因だったとしての制裁です。

最初にこの話を聞いたときに、米倉騎手が加害対象になったことに驚きました。事故は最初のコーナーで起きたのですが、米倉騎手は先頭集団、平瀬騎手は後方にいて、位置関係からいって因果関係があるとは思えなかったからです。

その謎を厩舎内で何人かのジョッキー・調教師に聞いたところ、

米倉騎手が内側に斜行→直後にいた松戸騎手の進路に影響→直後にいた桑野騎手の進路に影響→直後にいた平瀬騎手に影響

というドミノ式の現象が起こったのではないかということ。

しかし、

「結果的に米倉騎手に制裁が課せられたが、これは非常に難解な案件だったのでは」

という声もあるぐらいで、見方一つでまた違った判定になっていたのかもしれません。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年10月 »